内臓の病気(予防することで発症や再発を防げることもあるようです)が原因で、口臭を引き起こす可能性もあるかもしれません。 口臭を引き起こす内臓の代表的な病気(先天的なものも少なくないでしょう)は、次のようなものです。 ・糖尿病(血液のブドウ糖を一定に保つホルモンの働きに何らかの要因で畭常が生じることにより発症すると考えられています) ・胃炎や胃潰瘍 ・十二指腸潰瘍 糖尿病(血液中のブドウ糖の濃度が高すぎ、血糖値やヘモグロビンA1c値が一定の基準よりも高いことをいいます)になると唾液の分泌量が減少してしまい、口の中が乾燥してしまいます。 そして、口の中が乾燥すると細菌が増えてしまうため、口のにおいが酷くなりますし、糖尿病の方は歯周病にもなりやすいため、注意(しすぎというくらいでちょうどいいのかもしれないですね)しないといけません。 それに、胃潰瘍や胃炎といった胃の病気になってしまったら、食べ物を上手く消化することができないため、体内で発酵してしまって口臭を引き起こします。 また、十二指腸潰瘍などの腸の病気になったならね、腸の働きが乱れてしまい、腸内環境が悪化します。 そうすると腸内に悪臭が発生し、それが血液に流れ込み、血液から肺に排出されて口の臭いになるのです。 このように、内臓の病気が口のにおいを引きおこしているケースでは、その病気を治さないと口臭を改善するのは困難なものです。 口内の衛生環境を意識していても口臭が酷い時は、内臓の病気(予防することで発症や再発を防げることもあるようです)の可能性があるので、一度病院で検査を受けてみてくださいー